顔、頭の凄い汗は更年期からくるもの!?

50歳前後くらいから、女性はなんとなく意味のわからない、はっきりわからない身体や、心労の悩みを抱えはじめます。これをまとめて更年期と言うのだと思います。はじめは、生理がなくなるようなそんなところからこの更年期が始まり、なんとなく身体がだるかったり、家事をするのがとてもきつく感じてきます。

一つ一つやるのに、休み休みやるような…そんな感じが始まります。家事を終え、少し休むと、もう夕方こんな時間になったから買い物と…買い物から帰ってもすぐに食事のしたくをするのにもとてもおっくうになり、なんとも言えない嫌なだるい気持ちになります。それが更年期の始まりでした。そこから、この更年期の長い辛いトンネルが、始まりました。とにかくだるくて、身体に力がはいなくて、そのうち、一番つらかったのは、顔、頭の凄い汗です。お風呂から出てドライアーで乾かしてもまたすぐ汗が吹き出てきたり。出かけるのに、メイクをしたりしていても、汗でもうメイクも、ブローもできません。本当にきつかったです。

外に友達と出かけていても、汗が滝のように出て、頭のなかがもう酷くて…恥ずかしいのと、苦しいのと。これが更年期の悩みです。家にいても家族の中で一人汗をかいて、そうかと思うとすぐ手足が、冷たくなっての、自分の身体の温度調節が全く効かないのです。本当に苦しいです。そして、膀胱炎の繰り返しも、更年期です。婦人科、泌尿器科、何度繰り返しても治らなくて…もう本当に苦しいです。まだ身体に出ているから良いですが、心の方に出てしまったらもう想像しただけで苦しくなります。この更年期は女性にとって、早かろう遅かろうとうる道ですが、家族のかた、この更年期のことをわからなくていいですが、少しいたわってあげてほしいです。本当に辛く苦しいのです。家族の少しの小さないたわりこそが、何よりもの薬より、漢方薬より、心に温かくて、優しく響くものですので、どうぞその家族の少しの理解をよろしくお願いします。